学部、サークル、バイトでさりげなく女の子と会話を始めるテクニック

モテたい大学生男子。

新しい学部、新しいサークル、新しいバイト、出会いは増えたものの、あまりガツガツ女の子に話しかけると「なに、私のことを狙ってるのかしら」と気持ち悪がられるのではないかと不安ですよね。

緊張しているのがバレるのも恥ずかしい

なかなか話しかけられずもどかしい陰キャになんてなりたくないですよね。

安心しなさい。

今からさりげなく女子に話しかけるテクニックを紹介しようではないか。

同じ学部の女子なら早い者勝ち!

一番長く時間を過ごす分、後になればなるほど仲良くなるキッカケは少なくなるから気をつけり。

とにかく、早い者勝ちです。

「レポートやってきた?」

王道にして最強。

二言目には「最後出来てなくてちょっと見せてくれない?」と重ねるのが好手。

その後「先週はレポート見せてくれてありがとう、助かったわ!」と言いながら自販機で買ってきた暖かいココアでアツアツ展開まで見越した一手です。

「サークル入ってる?」

これも良い。

この場合は実は二言目にアレンジが効きます。

①「まだ決めてなくてオススメ無い?」

自然に相談事に持ち込めて仲良くなれる可能性が大きい。

②「うちのサークルでイベントやるんだけど来週空いてない?」

一気にイベント誘うところまでいくので使いどころを間違えると怖い。

③「へえ、気になってたんだよね!どんな感じ?」

相手の回答にポジティブにリアクションをすることで感触よし。

いづれも大学入りたての前期の最初しか使いづらいけれど、話題のスタートとしては悪くないですね。

サークル女子は本命!タイミングが一番

好きなことが一致している分、仲良くなりやすさは段違い!しかしその分、ライバル男子も多いので、話しかけるタイミングが一番大事ですよ。

「おつかれ!今日ご飯食べに行く?」

大事なのはサークル終わりのこのタイミングで誘う、夜ご飯。

もちろん、二人でなんてことはないけれど、男女3人ずつくらいになるので一気に交友関係を広げる大チャンス。

というか、ここを押さえず、即座に家に帰っているんじゃ

キミ、なんで生きてんの?って感じですから。

「もしかしてプロやってた?笑」

これ、笑いながら言ってください(真顔)

上手いときには褒め上手として女子を気持ちよくしてあげられるし、

下手なときには恥ずかしい気持ちを和らげてあげられる紳士的なボケです。

ボケだと分かるようにテンションには気を付けてくださいね。くれぐれも。

バイト先の女子は基本情報を攻めろ!

バイト先の女子は同学年じゃないことが多いので、基本情報をすり合わせながら自己開示を上手く使うのがコツ。意外とうまい人は急激に仲良くなれます。

○○ちゃんっていくつ?学校どこ?住んでるの近く?

きもいオッサンみたいですが、これでいいのだ。

一回り以上も年上のオッサンに言われるから気持ち悪いのであって、同級生なら問題なし。

それどころか「同い年じゃん」「いい学校行ってんじゃん」「住んでるところ近いな」なんて共通点が見つかりやすいのもこの質問のいいところです。

ポイントはちゃんとリアクションすること。

一個上だね、二個下だね、学校遠いね、何学部なん?家そこやったら一人暮らし?などなど、質問攻めになりますが(なりすぎは良くないけれど)、案外答えてくれるのもバイトならでは。

女子も話しかけていいのか不安だったりすることが多いので

興味を持ってくれてる!ってのがそれだけで嬉しいという人もいます。

まとめ|さりげなくがポイント

実際、無理して喋ってもいいことはありません。

共通の話題が無いな、と思ったら無理をせず、一旦引くのも手。

次の会話がスラスラ出てきやすい、当たり障りのない質問をさりげないタイミングで話し出せる、というのが女の子にとってもストレスが無いモテる男子の極意ではないでしょうか。

押してダメなら引いてみな。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。