【必見】素直になれない男女の改善方法

素直になりたい、と思ったことはないですか?

「素直になりたい」
「なんで行動できないんだろう」
と感じたことのある人は多いのではないでしょうか。
全く同じとは言わないものの、似たようなことを感じて、
チャンスを逃してしまった人は多いと思います。

実は僕もその一人でした。

しかし、あることを知るだけで、
あなたは自分の気持ちを素直に伝えられるようになります。
では私の経験も含めて、そもそもどんな人が素直になれないのかをお伝えします。
その上で「素直になるにはどうすればいいのか?」
について、ご紹介していきます。

素直になれない人には3種類ある

見出しの通りですね。
自分に素直になれず、
相手に気持ちを伝えられない人には3つのパターンがいるとされています。

それは

プライド高いぞ!オオカミ系男女
自信なくてびくびく…アルマジロ系男女
人を見下しちゃう!ライオン系男女

の3つです。(動物には筆者の偏見が混じっています。笑)

なんとなくピンときた人も、この名前だけではあまりピンときていない人もいるかと思います。
この特徴をそれぞれ分析し、その解決策をお伝えしていきます。

プライド高めなオオカミ系男女とは…?

このタイプの男女には、
そのプライドの高さから本心を見せられないという方が多いです。

実は自分もそうでした。
気になる人がいても断られた時の恥ずかしさをまず考えてしまい、
具体的な行動に出られないのです。
同性から見るとモテそうな
リーダーシップを発揮している人や
しっかり者にこういった傾向は強いのではないでしょうか。

恋愛以外でも
「この質問をしたらばかにされるんじゃないか」
「自分の弱いところを他の人に知られたくない」
と考えたことがある人はこのタイプに当てはまる可能性があります。

自信がなくてビクビクしてしまうアルマジロ系男女とは…?

前述のオオカミ系男女の原因が「自信があること」だとすると、このタイプの方は全くの逆です。

過去の失敗などから自分に自信がなくなってしまい、自分の気持ちに後ろ向きになってしまうのです。
あるいは恋愛の経験が少なく、
相手への気持ちの伝え方がわからない、というのもアルマジロ系男女の特徴の1つです。
「どうせ自分に恋人なんてできるわけない…」
「素直になったとしても、拒否されてしまったらどうしよう…」
そう考えて、自分の殻に籠ってしまう姿はまさにアルマジロそのものです。

何かと人を見下すライオン系男女とは…?

このタイプの方は、自分よりも能力や立場が下だと思った人を
上から目線で見下してしまう傾向があります。

恋愛においても、相手のことをよく知らないまま
「こいつはバカだから恋愛対象外だ」
「自分の恋人は〇〇ができる人でないといけない」
というように、自分の考えをかなり強く相手に押し付けてしまいます。

また、
「女は男に対してこうあるべき(男は女に対してこうあるべき)」
という固定観念は未だにあり、
ライオン系男女は特徴として、こうした考えを持つ人が多いです。

こういった人たちが素直になるにはどうすればいいのか!?

素直になれない男女の3つのパターンを紹介してきました。
では、こういった人々はうまく恋愛ができないのか、というとそうではありません。
あることに気をつけることで、
素直に自分の気持ちを相手に伝えられるようになるのです。

それは

他人はそれほど自分のことを気にしていないことを知り、
周りの人のアドバイスをきちんと聞く、ということです。

人は他人の感情を過度に感じすぎてしまうことがあります。
実際は、友達も気になるあの人も
あなたへの否定的な感情は
きっと自分が思っているほど強くありません。
気にせずいきましょう。

そして、周囲の人からのアドバイスを大切にしましょう。
恋愛の当事者は自分だから!
自分以上に自分の恋愛を理解している人間はいるはずない!
そう思って、周りの人の助言に耳を傾けないのもとても勿体ないことです。
気になる人がいる、というのは自分ではわからないくらい
周りが見えていないことがあります。
そんな時こそ、自分を客観的に見てくれる人の存在が重要なのです。

最後に「そんなの知ってるよ!」という方に

ここまで読まれて
「そんなことならわかってるよ!」
「大したこと書いてねーじゃん!」
と感じた方もいるかもしれません。

しかし、わかっていても出来ないことが多い、というように
この2つを100%実践できている人は意外と多くはいません。

紹介した3つのタイプの方もそうではない方も
自分の胸に本当に

他人の感情を気に過ぎない
周囲のアドバイスをきちんと聞く

この2つができているか聞いてみましょう。
そして、本当の意味で「素直」になり、恋愛を成功させましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。