いまさら誰にも聞けない!恋愛におけるNG行動5選を紹介!【男性向け】

この記事では、モテたいけどどのような行動を取ればモテるのか分からない!
その前に、恋愛におけるNG行動なども分からないという方に向けて記事を書いています。
恋愛には、これをしては欲しくないというのが男性・女性共にあります。
しかし、それは男性も女性もいまいちどれがダメなのかが分かっていない事でしょう。

この記事では、その悩みをズバっと解決するNG行動をまとめて書いているので、恋愛テクとして参考にしてください!

【男性向け】女性に対してしてはいけないNG行動について

それでは、まず女性に対して男性が行ってはいけないNG行動について詳しい説明を交えつつ説明していきます。

必要でない事を言ってしまう

必要で無い事を言ってしまうとは?と思う方もいるでしょう。
必要でないような事とは何か具体的に例を見てみましょう。

・「あれ、前と髪型変えたんだ!でも、前の方が良かったと思うなぁ」
・最近太ったという女性に向けて「あ~確かに少し丸くなったような気がする」
・その服、今日の気候とあってないんじゃない?
・少し買い物長くない?早くしてよ~
・お手洗い長かったね。なんかあったの?

いくつか例をあげてみましたがこのような事を今までに口にしたことはありませんか?
それあまり女性に好まれない発言なので注意してください!

なぜダメなのか説明をします。
例えば、ここでの「最近髪型変えたんだ発言」。
髪型を変えたことにすぐに気が付いたところはかなりよい!
しかし、その後に前の方が良かったと必要の無いことを言ってます。
女性は、髪型を変えたことに気が付いて欲しいものであり、かつ、褒めてほしいものなのです。

基本的には、褒める!無駄な事を言わない!思ったことを一度考えてから発言!

これは、モテる為にかなり大切な行動です。

お会計の時にキッチリ1円単位で割り勘をする

最近では、男性が奢るという流れは結構減ってきていますよね。
逆に、奢られる事が嫌いという女性もいる時代になっています。

しかし、女性側と割り勘をする時に気をつけなければいけない事があります。
それは、1円単位で割り勘をしてしまうこと。
これは、かなりダメなNG行動です。

何故かというと、キッチリと1円単位で割り勘をしてしまうと器の小さい男・セコイ男という風に見られてしまう事が多いです。

少しでもいいので男性の方が多く払うという気持ちをもってお会計を済ませるようにするとモテテクが身に付きますよ!

自分の話ばかりする。自慢話ばかりする。

男性でよくあるダメなパターンの1つとして自分の自慢話をいっぱいしてしまうこと。
これは、女性側からするとかなりウザイと思われる行動です。
何故か、男性は自分をカッコよく見せようとしてついつい自分の自慢話をしてしまいがちです。
しかし女性側からすると別に昔の自慢話などを聞いても何も嬉しくもなく、
ふ~ん程度にしか感じていません。
はっきりと言わずに会話の流れでちょっと自慢を入れたりすると喜んで聞いてもらえる事が多いので、自分からなんでも自慢話をすることを控えましょう。

優柔不断でなかなかコトが決まらない

自分は、優柔不断だと思っている方は要注意です。
男性で優柔不断というのは、最悪な状態です。
女性は、男性に頼りたいと考えている方が多くいらっしゃいます。
頼りたいと思っている相手が優柔不断でなかなか物事を決める事が出来ないのを見てどのように思うでしょうか。
すぐに決めて、行動に移せるような人は、男性からしてもとてもカッコよく見えますよね。
それと一緒です。
女性もそのようなすぐに決め、行動に移せるような人を見ると素敵と感じる事が多いです。
だから、優柔不断にならず、ここぞという時に行動や決定を行うようにしましょう!

歩くスピード・食事のスピードなどを合わせない

女性と男性で一緒に何かをする時。
例えば、食事や並んで歩くとき。
基本的に女性は、ヒールを履いている人が多いので、歩くのがゆっくりになってしまいます。

そして、勿論歩幅も広くないので、ゆっくりになってしまいます。
それなのに男性が早々と歩いてしまうと女性は気遣いの出来ない人という風に感じてしまいます。

また、食事のスピードでも、男性側が早く食べ終わってしまい、女性がまだ食べ終わってない状態を作ってしまうと逆に気を使わせてしまうことになります。

ゆっくり男性側が食べる事で女性も味を楽しみ、素敵な食事となる事でしょう。

さいごに

NG行動についてまとめて代表的なモノを書いていきました。
合コンでのNGシーン・デートでのNGシーン・お泊りでのNGシーンなど他にもさまざまなものがあります。

シーン毎に詳しい事を知りたい場合はこちらのリンクをクリックしてみてください!

それでは、素敵な女性との日常を・・・

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。